無料のウイルス対策ソフトとは

ウイルスの恐ろしさ

パソコンを使用する場合は常にウイルスの脅威にさらされているため、ウイルス対策ソフトウェアを導入することは当然のこととして考えられています。

反面、お金の無駄だと思う人が多いのも事実で、無料のウイルス対策ソフトが注目されてきました。

ソフトウェア各製品について言うことですが、類似品の中からいずれかを選択する場合の判断材料として一般的のはソフトの価格です。

それはセキュリティソフトウェアの例外ではなく、むしろ費用対効果によるコストは常に重要視されています。

なぜなら、セキュリティソフトには、有料版と無料版が存在してるからです。

無料のセキュリティソフトの場合、基本的にはお金はかかりません。
入手もウイルス定義ファイルの更新も無料で済みますが、無料なだけあって使える機能に制限があります。

例えば、ウイルスを検出することはできますが、削除することがないものや、または削除する能力が弱く、隔離しかできないソフトなど、性能は決して高いとはいえません。

一方、有料のセキュリティソフトウェアの場合は、一般的にウイルスからの保護機能が無料のソフトウェアよりも優れてます。

無料のウイルス対策ソフトの実用度

無料のウイルス対策ソフトは、無料で使える代わりに、一部の機能が制限されていたり、サポートがなかったり、広告が表示されるなどの違いがあります。

また、すべての無料ソフトが使いにくいかというと、そうではありません。 最近はかなり強力なソフトも出てきて、無料でもそれなりにパソコンをしっかりと保護する機能を備えたものもあります。(パソコン初心者には扱いきれない場合もある)

しかし、出始めの頃のウイルス対策ソフトウェアの無料版は、十分なウイルス検出能力がありませんでした。 保有しているデータベースが古く、新しいウイルスに対応できなかったからです。

一概に無料だからダメとは言い切れない

しかし、インターネットの普及によって無料で配布しても利益を上げる方法が登場しました。 Facebookやtwitterも無料で運営されているように、ウイルス対策ソフトも無料で開発できるようになったのです。

したがって、最近の無料ウイルス対策ソフトは機能的に一定の満足度は得られるでしょうが、永久的にソフトが更新される保証はありません。

パソコンの使い方やウイルスの脅威をどの位認識しているかによってウイルス対策ソフトを選ぶ方法が決まります。

あなたがパソコンの初心者であれば、もっと詳しい人に相談することをオススメします。 ログインパスワードやクレジットカードの暗証番号など、個人情報の盗難にあってからでは遅いですからね。

まとめ

無料のセキュリティソフトのほとんどはお金を支払うことでバージョンアップできます。
ですから、最初に無料版で動作や使い勝手を確認し、それより高性能な機能が必要な場合はバージョンアップをする流れが可能です。

この方法の場合、各ソフトの使用感を比較して自分に合ったタイプを選べるのが大きなメリットでもあります。

しかしながら、情報漏えいを絶対に防止したい場合は、無料のウイルス対策ソフトでは心許ない部分は否めません。
自分の所持しているデータの重要性を考慮して、どれがよいのかを決定することをお勧めします。